当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

【絶対に合格したい】看護予備校に通うべきか

看護予備校に通うべきか

広告

もっちー

こんにちは!
看護師ブロガーのもっちーです。

社会人から看護師を目指しているみなさん。

今の勉強法で看護学校に合格できるのか、不安な気持ちを抱えていませんか。

私は、社会人として働きながら夜間の看護予備校に通っていました。

当時は正社員として平日週5の8時間勤務だったので、仕事が終わり次第、猛ダッシュで予備校へ行って講義を受けていました。

そして次の日は、また朝から普通に会社へ出勤して通常通り働くというなかなかハードな生活を送っていましたね。

  • このままの勉強方法で看護学校に受かるのか不安
  • なかなか勉強のモチベーションが上がらない
  • 看護学校の面接対策ってどうすればいいのかわからない
  • もっと志望校の最新情報を知りたい

私は、社会人として働きながら独学で1年は勉強をして看護学校を受験しましたが不合格でした。

今考えると、圧倒的に勉強時間が足りておらず、面接対策や練習も甘かったと思います。

そこで一念発起して夜間の予備校に通い、半年で看護学校から合格をいただくことができました。

この記事では、

  • そもそも看護予備校ってなに?
  • 日中と夜間どっちがいいの?
  • メリット・デメリットは?

上記の3つに絞って書き進めていこうと思います。

看護予備校に通うべきかどうか迷われている方の参考になれば嬉しいです。

この記事の目次

そもそも看護予備校ってなに?

現役の高校生はもちろん浪人生や社会人・主婦などの方々で、看護学校の受験を希望している方へ向けた塾のようなところです。

普通の塾と違い、看護学校の受験対策に特化しています。

受験科目の勉強だけでなく、学校による試験問題の傾向を教えてくれたり、過去数年分の過去問などを駆使して効率的に学習を進めてくれます。

また、看護学校による特徴や倍率などの情報・面接対策や練習・願書の添削なども行なってくれるため、かなりサポートは手厚いものとなっています。

同じ予備校だった人がそのまま同じ看護学校に通ったりすることも多いです。

なぜなら、予備校に通っている人は、看護学校の合格率が高いからですね。

早い段階で仲間ができることは、受験勉強を進めていく途中だけでなく、看護学校へ入学したあとも心強いのではないでしょうか。

もっちー

看護予備校に通うことで、不安は少なくなりましたね。

日中と夜間どっちがいいの?

基本的に予備校は、日中か夜間のどちらの講義を受講するのか決めなければいけません。

私は金銭的に余裕がなかったので、日中の正社員の仕事は続けながら夜間の予備校に通うことを決めました。

日中より夜間の方が講義の時間が短くなるので、予備校の学費自体は少し安く抑えることができました。

予備校に通学している人であれば、自習室を借りることができたのも有り難かったですね。

やっぱり家だとだらけてしまうので‥

ただ夜間だと圧倒的に仕事終わりで受講しに来る人が多く、みんな疲れているなか短い時間で集中して勉強しなければいけないため、和気藹々とした空気感はなく切羽詰まっているような感じでした。

なので、一緒に受験勉強を頑張っていく友達や仲間はできづらいと思います。

看護学校に入学してから社会人の方々に話を聞くと、日中の予備校に通っていた方が多い印象でした。

日中だと仕事をせずに現役生と同じく受験勉強だけに集中できる環境であることや、同じ境遇の社会人同士で仲良くなりやすいめ、励まし合いながら受験を乗り切ってきたようでした。

もっちー

孤独に戦い続けてきた私には羨ましい限りです(笑)

メリット・デメリットは?

予備校に通うメリットとしては‥

・効率的に受験勉強を進めることができる
・面接対策や練習をしてもらうことができる
・看護学校の過去問や最新情報を得ることができる
・同じ境遇の友人や仲間ができて心強い
・比較的モチベーションが保てる

独学で勉強を進めていると、わからないところを調べるのに時間が掛かってしまったり、その時点で思うように勉強が進まないのでやる気が削がれたりすることがあると思います。

予備校に通うとわからないところはすぐに先生に質問することができたり、重点的に大切なところを学ぶこともできるので効率的に勉強を進めていくことができます。

他にも上記のようなメリットがたくさんあります。

反対に予備校に通うデメリットとしては‥

・予備校に通う費用がかかる
・日中に通うと働くのが難しくなり、収入が減ってしまう

やはり金銭的なデメリットだけがネックになるかと思います。

不景気もあってか看護学校も年々倍率が高くなってきており、簡単に合格することは難しくなっているのが現状です。

予備校に通う必要がない優秀な方もいるかもしれませんが、金銭的な問題が許すのであれば、看護予備校に通われた方が合格率も高くなるので検討されることをお勧めします。

おわりに‥

私も金銭的な理由で、すぐに予備校に通う決断はできませんでした。

しかし、”絶対に看護師になりたい”という強い思いがあったのと1年独学で勉強しても結果がでなかったので、予備校に通う決意をすることができました。

本当のところを言うと、日中の時間帯に通って受験勉強だけに打ち込みたかったのですがそうもいかず‥。

1年でも早く確実に合格したいのであれば、看護予備校に通うのが近道になるのではないかと思います。

もっちー

みなさんの合格を心から祈っております^^

個人的によく使っていた参考書です。数学が致命的に苦手でした^^;

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


この記事の目次