当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

【夢を叶える方法】社会人から看護師になりたいあなたへ

社会人から看護師になりたいあなたへ

広告

もっちー

こんにちは!
看護師ブロガーのもっちです。

私は、社会人経験2年を経てから3年制の看護専門学校へ入学をして看護師になりました。

看護師になったことで前職のお給料から2倍アップし、選ばなければ就職先に困ることもありません

また、看護師は幅広い働き方を選択することができる点も魅力的だと思います。

近年、日本では超高齢化社会において看護師の需要は益々高まってきています。

こうした背景があるなか、社会人から看護師を目指す方は増えているのが現状です。

  • 今から看護師になるには、どのくらいの期間が掛かるんだろう。
  • 看護学生になったらまとまった収入もなくなるし、学費が払えるか心配。
  • 社会人から看護学校を卒業しても、就職先なんてあるのかな。

いざ社会人からもう一度学生に戻るという決断をするのは、なかなか勇気がいることだと思います。

そこで今回は、今から社会人の方がお金や時間も掛けて看護師を目指すことは可能なのか。

上記の不安や疑問について、もっちーの体験談も交えながら書き進めていこうと思います。

この記事では、

  • 看護師免許取得までの期間は?
  • どのくらいお金がかかるの?
  • 卒業後に就職先はあるの?

ということについて順番にお伝えしていきます。

”社会人から看護師になりたい”と思っている方の参考に少しでもなれば嬉しいです。

この記事の目次

看護師免許取得までの期間は?

まず、看護師になるためには、国家資格である看護師免許を取得しなければいけません。

看護師免許取得の方法としては、専門学校・短期大学だと3年間、看護大学だと4年間は通学し、法律で定められている教育を受けると看護師国家試験の受験資格を得ることができます。

大学を卒業した方であれば、3年次学士編入制度を導入している看護大学もあるので、最短2年で看護師国家試験を受験することができます。

ただし、3年制の専門学校や短期大学だとカリキュラムに余裕がなく、かなり詰め詰めな時間割となるのでハードモードな学生生活になる覚悟は必要です。

要領の良い子だとバイトをしている強者もいましたが、実習中や国試前は流石にバイトを減らしていました。

4年間の看護大学であれば、少しカリキュラムに余裕があるのでバイトをしている子は多い印象ですね。

ただ学校によっては留年する学生が多いところもあるので、あくまでも上記の期間はストレートで進級し続けることができた場合となります。

やはり現役生と比較すると社会人看護学生は切羽詰まっていますから、留年率は低かったように思います。

もっちー

成績上位の人は、社会人看護学生ばかりでした。

どのくらいお金がかかるの?

学費は、学校に通う年数によって大きく左右されます。

大まかにどのくらい違いがあるのか下記をご参考にしていただければと思います。

大学の学費:約500〜700万円
専門学校の学費:約200〜300万円

どちらも私立の学校よりは、国立や公立の学校の方が安くなります。

金銭的に少しでも安く費用を抑えたいという方は、生活費や通学時の交通費なども考慮に入れて、在学期間が短い専門学校を選択することをお勧めします。

また、基本的には生徒の住んでいるところを考慮に入れてはくれますが、遠方の実習先まで行かされることもあります。

実習期間は長いと1クール3週間程です。学費とは別に往復の交通費がかかるので、遠いと意外と費用がかさみます。

自宅と実習先が離れている子でホテルに一時的に滞在している子もいたので、そのようなお金も別途かかることを頭の片隅に置いておきましょう。

他には教科書とは別に参考書などを自主的に購入せざるを得ない場合もありますので、私は極力図書館かメルカリで対応していました。

まともに医療系の参考書を買うと高いので、、

もっちー

雑費の中では、上記の2つが意外と大きな出費でした。

必ず学費の中に何が含まれていて、何が含まれていないのかを確認したうえで、卒業までの概算を出すと安心かと思います。

さらに、社会人の方が看護学校進学にあたって利用できる制度があります。

私は、社会人経験が2年3ヶ月ほどあり、ギリギリ2年以上の雇用保険の期間を有していたので、ハローワークから下記の給付金を支給してもらうことができました。

「専門実践教育訓練給付金」
・「教育訓練給付金」

こうした制度を知らずに、支給条件を有しているにも関わらず、給付金の支給を得ることなく現役生と同じ額の学費を納付して卒業した社会人看護学生もいます。

詳しくは、お住まいのハローワークにお問い合わせいただくと良いと思います。

ぜひ利用できるものは利用しましょう!

卒業後に就職先はあるの?

卒業後の就職先に関しては、現役生と同じく選択肢の幅は広いです。

冒頭でも述べたように日本は超高齢化社会なので、人手不足の医療現場が非常に多いです。

ただし、中には年齢制限を設けている病院などもあるため、必ず募集要項は確認するようにしましょう。

新卒の主な就職先としては‥

・病院(大学病院、総合病院など)
・診療所、クリニック
・高齢者介護施設(特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、介護老人保健施設)
・訪問看護サービス

基本的に就職先に困ることはありません

ただ、社会人看護学生の方は、あまり大きい大学病院などに行くと新卒でフレッシュな若い現役生だった子たちが同期となります。

ただでさえ、同期だと比較されることが多いので、気にされる方はそこそこの規模の病院をお勧めします。

同じ境遇で看護師になった方々が働いている職場だと理解があるので働きやすいのもありますしね。

その辺りは、学校などでしっかりと病院の情報をリサーチしてから就職先を決めるようにしましょう。

👇病院のリサーチには、看護師転職サイトを利用するのがおすすめです!

おわりに‥

私は、看護学校に入学してから社会人の多さに驚きました。学校にもよりますが、3分の1以上は社会人看護学生だったように思います。

やはり同じ境遇の社会人同士の方がクラスでも仲良くなりやすく、地獄の学生生活を共に乗り越える仲間なので絆も強くなりますね。

年齢や学費などで社会人から看護師になることを諦めようとしている方の少しでも後押しになれば幸いです。

もっちー

いつか看護業界で一緒に働ける日を楽しみにしています^^

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


この記事の目次